2007年09月23日

出足快調!

9月22日(土)
映画はシネツイン1という広島のミニシアターでは
老舗の映画館で今回、初めてのお付合いとなる。
私はこれまで映画館で上映した作品は、
いわゆる「原爆」ものだった。
本来私がやってきた「民俗」的なテーマの映画を
映画館でやること自体初めてである。
無謀な試みなので最初映画館側も心配されていたようだが
この一週間でメディアの対応もよく前評判もあがってきていた。

1日、二回15:00と20:40の上映で今日は合わせて81人の方に集まっていただいた。
やはり初回に集中し、盛況なスタートとなった。

swaki-te.jpg

映画に登場した職人の沢木さん、(写真)かやぶき研究会の上田さんも立ち寄ってくださった。
お客さんの中に建築事務所の方もこられ
「いやあ、おどろきました。住まいというのは暮らしの根幹から
 生まれてくるんですね。」という意味のようなことを仰り
かなり「参りました」みたいなことを言われていた。
やはりプロからみても「伝統」にはかなわないってとこか。

9月23日(日)
本日は、昨日の二回分の動員を1回目だけで越えてしまった。
また今日は映画の主役である職人・石井さんにも来ていただいた。

.

どんどん集まっていただいてぜひとも「広島かやぶき文化」を感じて欲しい。まず地元人が足元をよく知ることから「文化」は生まれるし
継承されていくのだから…

今、上映の舞台挨拶を続けながら考えた。
「広島」という地は、「出稼ぎ」と「移民」で
成立してきた部分が大きいような土地柄と思う。
「炭坑・左官・石工・イワシ漁…」出稼ぎは大きな文化だ。
それはほとんど記録にも残されていない。
しかしその記録こそ急務である。
今後の私のテーマだ。

これから夜の会の舞台挨拶行ってきます。

この映画、これから全国各地にもぜひとも上映していきたい。
でもちょっと他地域の映画館では無理かな。
自主上映会を開いてくださる方、
ご興味がある方、ぜひご連絡お待ちしております。

私のHPからメールできます!

よろしくお願いします!


posted by LJ21 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。