2007年10月07日

私設あおもり応援団5日目

070914_4.jpg紅花、木くず、トウモロコシの根、ひまわりの種や茎、抹茶やシナモン、米、そして唐辛子……。これらはすべて、龍生派の生け花作家・谷口雅邦(がほう)さんが、自身のインスタレーション作品に使った素材です。

花器に草花を生ける、いわゆる“普通”の生け花作家だった青森市浪岡出身の谷口さんは、植物の根源的な存在感を表現することを目指して1983年以降、花にこだわらず米や穀類など幅広い植物を素材に選び、広い空間全体を一つの作品に仕上げるインスタレーションに取り組むようになりました。

谷口さんの場合、素材も場所も、何でもあり。

ある時は、東京ガスの新宿オゾンビルの開放的な空間が舞台に。木枠に金網、粘土で作った高さ1メートル近い土台に、フェニックスの葉やアンスリュームの赤い花をあしらった楽園風の“巣”を制作。隙間無く振りかけた抹茶やシナモンの香りと柔らかな見かけが、見る人の五感をくすぐる仕掛けも。
両手いっぱいの白米を持って真っ黒なフロアーに立ち、指の隙間からさらさらと米を落とすと、米は弾みながら散らばって自由な模様を描き出し、そして山と積み上がる。そんな作業を何度も何度も繰り返して、床全体を “波紋の海”のようにしてみたり。

070914_5.jpg今年9月には、銀座の古いビルの地下1階にある白いギャラリーを、真っ赤に染めた。素材は、青森産の赤唐辛子。2年前、東京で、とても立派で大きい唐辛子を見かけ、持ち主に聞いてみると「青森の唐辛子だ」という。そこでインスピレーションが働いた。

細胞の集合体をイメージして、針金や布などで作った土台に赤唐辛子をいくつも突き差し、その上に大量の唐辛子の粉を掛けているから、展示スペースに入ったとたんに、かすかに辛みのある香りが全身を包む。中央には水が張られた円形の入れ物。「植物の命の源は水だから」と谷口さん。

「呼吸する赤」というタイトルに納得する。だって、谷口さんの手に触れた植物たちは、豊かな土壌に根を張って蓄えた生命力を惜しげもなく発揮し、見る側の体の芯に、静かで熱いエネルギーを注入してくれるから。
こんな希有な作家が、青森の土に今も根ざしていることが、とっても嬉しい。
タグ:青森
posted by LJ21 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59471497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。