2007年10月07日

私設あおもり応援団 小畑智恵7日目

かつて「東北の熱海」と呼ばれた温泉地が、青森にあります。何を隠そう、それは我が地元・浅虫温泉!青森の応援&宣伝の最後は、地元を自慢させてください。

071007_1.jpg波穏やかな陸奥湾に面し、すぐ裏には山が連なる地形。海にぽっかり浮かぶ「湯の島」は、春にはカタクリの群生が可憐な花が咲き、秋は海に浮かぶ見事な紅葉に彩られ、目を楽しませてくれます。

今も昔も、駅前と街中には旅館とホテルが軒を並べ、中には板画家の棟方志功が長く逗留し、棟方から送られた作品が飾られる老舗旅館「椿館」や、明治天皇が行幸された旅館もあり、昭和30年代には県内の新婚さんたちが、「新婚旅行は浅虫へ」というほど、賑わったとか。

今は残念ながら、ほかの温泉地と同様、昔ほどの賑わいはなくなったものの、ねぶたや下北半島の恐山で例大祭のとき、年末年始には、旅館やホテルが満館になることも。

071007_1.jpg駅前と町中に、足湯を体験できる場所が設けられていますが、浅虫のすごいところは、自宅に温泉を引けること。はい、我が家のお風呂は、蛇口をひねれば温泉のお湯が出てきます(タダではないです)。塩泉なので匂いもなく透明。高校生の頃、ひじを痛めたとき、お湯につかりながらリハビリしたら結構早く治ったので、効用はあると思われます。

最近は、1200円で3つの旅館・ホテルの温泉をはしごできる「麻蒸湯札」が売られているので、3つのお湯に、一気に浸かるもよし、期間を置いて何度も脚を運ぶもよし。

071007_3.jpgそして時間があったら、駅近くにある昔懐かしいすいとんなどを食べることができる「浅めし食堂」に脚を伸ばしてみては。お年寄りが楽しく元気に過ごせるようにと、医療施設も運営するNPO「活き粋(いきいき)あさむし」が運営しており、栄養士さんがいるので栄養バランスにも配慮した安くてうまくて健康的な食事ができます。

八戸市が終点となっている東北新幹線は2010年、青森市まで延伸します。国内最高の320キロで新幹線が走ることになり、最速で東京から3時間で着くことができます。のんびりゆったりしたくなったら、青森まで足を延ばしてみてください。

さてさて、私の当番は今日で終わりです。1週間のお付き合い、ありがとうございました。
タグ:浅虫 青森
posted by LJ21 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59473116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。