2007年10月24日

東京都町田市玉川学園 BeeM 3日目

みなさん、こんにちは。
本日はポスドク(ポストドクター:研究者として雇われている人)の人
とシロアリを採集しに行きました。
玉川学園では、なかなか興味深い昆虫層が見られ、
ミドリシジミやルリボシカミキリ、トビナナフシ、シリアゲムシ、
ウバタマムシ、マルタンヤンマetc...
ここには書ききれないほどの昆虫が観察できます。
昆虫好きには楽しいところです。
ポスドクのHさんもなかなかのムシ好きで、マニアの域?です。
私も好きなので、今日は勉強という意味もあって、
付いて行ったのでした。
カメラを持っていけばよかったのですが、
すみません忘れたので、残念なことに写真がありません〜。。
というわけで、代わりに我が“サンタ・ルチア蜂場”で倒れていた
ミヤマカミキリの写真を載せます。

ローカル-3 ミヤマ.jpg

さて、私たちがシロアリ採集に行った中、
研究室の後輩が別の虫の採集に行ってきました!
ななんと、オオスズメバチ。

ローカル-3 オトナ.jpg

毎年恒例、オオスズメバチの収穫です。
収穫・・・そうです、飼う分以外は、食べたりします。
昆虫は良質のタンパク質です。
オオスズメバチは味も良く、なかなか食べ応えがあります。
生きていると凶暴で恐ろしい蜂ですが、
こうして、私たちの食を満たしてくれることもあるのです。
「昆虫と食」なかなか興味深いテーマですよね?

ローカル-3 ゼンタイ.jpg

ローカル-3 コドモ.jpg

それでは、今日はこの辺で。
明日は、研究室の自分の机の周りにある物の紹介が
できたら良いなと思います。


posted by LJ21 at 19:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オオスズメバチを食す?!
さすがの藤原誠太さんからも、そんな話は聞いていない!です。
油で揚げるのでしょうか?
炒める?
茹でる?う、気持ち悪い。
頭から丸かじり?
大きいから2,3個食べたら、けっこう満足感がありそうですね。
Posted by あさだ at 2007年10月25日 17:32
学生生活、楽しそうですね。
私も20年くらい前は学生でしたが...もっと勉強すればよかった。

オオスズメバチっておいしいのですか。焼酎漬けは時々ネットで見かけますが食べられるとは知りませんでした。
Posted by totomo at 2007年10月26日 07:49
totomoさん、お久しぶりです!
東京はちみつクラブのハニークィーン(笑)です。

totomoさんのHPにある明治40年ごろに米国オハイオ州にあったという養蜂場がとっても素敵ですね。今でもあるといいですねー。
Posted by あさだ at 2007年10月26日 09:04
あ!お久しぶりです。
あの時はお世話になりました。
神奈川にいるあいだにまた蜜会などのイベントに参加させてもらおうとおもってます。その時はまたどうぞよそしく。

今年はマツクイムシ防除の農薬!?でミツバチが全滅してしまい、さびしい秋をすごしています。
Posted by totomo at 2007年10月27日 07:27
コメントどうも有難うございます。
今年のオオスズメバチの食べ方は、素揚げでした。体が硬くなってしまった成虫は実験ようにとっておいて、幼虫から羽化寸前の成虫までを食用としました。なお、幼虫は予め内臓を取っておきます。
鍋にサラダ油を注ぎ、約170度にしたところへ、一気に入れます。
体が黄金色になったら、よく油をきって、塩を一振りで出来上がりです。
蛹の食感はまるで海老です。
幼虫は・・・言葉にしがたいです。
味はクリーミーです。

ミツバチは農薬にとても弱いのですね、
昆虫を益虫としたり害虫としたり・・・
人間のこの二つの矛盾を両立するためには・・・考えさせられます。ただ可哀相だといっていられないですね。


Posted by B at 2007年10月28日 16:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。