2005年08月13日

福島県只見町 たもかく 吉津耕一(第6日目)

叶津番所別館の玄関とお風呂場は石ばりで、この石は、この建物を使う人達が近くの叶津川から拾ってきたものだ。地元の自然の石を使う建物は珍しい。

今日は季刊たもかくの発送。以前は月刊で出していたのだが、ネットで週刊たもかくを出すようになったので印刷物は季刊で出すようになった。年4回5000部ずつ発行している。今回は株主募集の特集号だ。これを見てどれくらいの人が株主になってくれるだろう。楽しみだ。

古民家を買いたいと言うお客さんが物件を見に来てくれた。今まで300坪の土地つきで500万円から800万円で売りに出ていた古民家の価格が急に250万円から300万円位下がってしまった。廃棄物処理法ができて、今まで、壊した家は燃やしたり、腐らせて肥やしにしたりしていたのに、ちゃんと処理工場で処分しなければならなくなって、1棟あたり、300万円前後の処理費用がかかるようになり、その分だけ値段を下げても買ってもらいたいと言うが増えたからだ。しかし、安くなったからと言って古民家を買う人は増えていない。トイレを水洗にしたり、お風呂をなおしたり、リフォームするのにかかる費用のほうが土地建物代よりも大きいからだ。今日案内した人は、建築関係の仕事をしていて、リフォームは自分でやる予定らしい。


posted by LJ21 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島県只見町 たもかく 吉津耕一(第5日目)

夏休みで只見にも都会の人達がたくさん目につく。

ついこの間まで仮設の直売場で1袋300円で売られていたトマトが500円に値上がりしている。

アスパラガス畑はふわふわした緑の髪の毛みたいになっている。もうすぐ赤い実をつける。アスパラガスが育った姿や赤い実の中に黒ゴマのような種をつけることを知らない都会の人もたくさんいる。枝豆が大豆と同じものだと言うことを知らない人もいる。

わたしは、世界中のすべての人に、自分の家や自動車、テレビを持つのと同じような感覚で、小さな畑を持ってもらいたいと思う。まだ誰も知らない、ちょっと不思議な野菜を作ったり、つくりすぎた野菜を近所の人にあげたり、もらったりするのは楽しいと思う。


posted by LJ21 at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

福島県只見町 たもかく 吉津耕一(第4日目)

2週間ほど前、取材に来てくれた環境関係の雑誌の若い美人の編集者から8月19日のか
ぶ懇に参加しますと言うメールが届いた。うれしい気分になる。かぶ懇というのは、
もう18年くらい続いている毎月第3金曜日に、たもかくを応援してくれている株主
やお客さん、取材に来てくれたマスコミ関係者の飲み会だ。株主懇談会と言うことに
なっているが毎回半数以上の参加者が株主ではない。最初は仕事で上京した時にお客
さんと飲んでいたのがはじまりでいつの間にか定例化し、ずいぶん長く続いている。
この飲み会がきっかけで株主になった人や只見に家を買った人もいる。でもそういう
ことを目的にしているわけでもない。
時々、応援してくれている人と一緒に飲んで話すことが楽しいから続いているのかな。

 今日は9時から只見ダムの近くの、宮渕集落で国土調査の立ち会い。もう14年く
らい前に地元の農家の土地と家を買ったのだが宅地のまわりの田んぼや畑は農地であ
るために農業委員会の許可がおりなくて、ずっと仮登記のままだった。ようやく今回
の国土調査で原野や雑種地に地目が変わり、正式な登記ができる。家や土地を購入し
た都会の人にとって、宅地と地続きの畑や田んぼはぜひとも欲しいのだが、馬鹿げた
規制のために、売ることも買うこともできない。耕地整理した優良農地ならともかく、
自宅まわりの家庭菜園程度の小さな農地まで農業委員会の許可がいる。大規模な優良
農地でさえ、耕作されないで荒廃しているのに、わずか30坪から50坪程度の宅地
まわりの小さな家庭菜園が地元の人同志でさえ自由に売り買いできない。
 もし、売り買いが可能になればこういう自宅続きの家庭菜園は一般的な農地と違っ
て宅地と同じくらいの価格で取り引きされるから、わずかな土地でも、一番の零細兼
業農家にとっては、数年分の農業収入よりも大きい収入になることが多い。つまり、
農地法を宅地に接続する家庭菜園に限って緩和するだけで、農村の経済は大きく活発
化し、農地の荒廃対策、過疎化対策、としてももっとも有効だ。しかし、日本の農業
について高説を垂れ流している農業学者にしても、農水相や各県の役人にしても、そ
もそもこの実情を全然理解も把握もしていない。日本中の人がいやでも関心を持たざ
るを得ないような工夫はないものかな。この問題はわたしの手で何とかしたい。

posted by LJ21 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

福島県只見町 たもかく 吉津耕一(第3日目)

今日は台風の影響か、かなり激しい雨が降っている。

おかげで少し涼しい。突然、一反の森とらすとをインターネットで見て現地を見てみ
たいと言うお客さんが来られた。雨の中現地案内。お客さんは埼玉県の農家の生まれ
で子供の頃は落ち葉かきなどの仕事を手伝ったので里山に関心があると言うことだ。
案内の後、バンフレッと申込書を渡したら、こんな立派なパンフレットを作るだけの
収益は上がらないでしょうと言われた。ここ4,5年の短期間で考えればお客さんの
言うとうりかもしれない。しかし、森を扱う仕事は息が長いので、また、毎日お客さ
んを案内して、契約が続くと言うような時もくるかもしれない。あまりその時その時
の環境に左右されない仕事をしたい。

 午後は地ビール工場を応援するために作った会社の休業届けを町役場に提出。複雑
な気分。うまく行かない仕事でも、自分もまわりも精一杯がんばったと言う気持ちに
なれる終わり方をしたい。

posted by LJ21 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

福島県只見町 たもかく 吉津耕一(第2日目)

たもかく本の街では、線路を引いて車輪つきの貨車7輛を本の倉庫として使ってい
る。1輛ごとにジャンルを変えて公開するつもりだったのに、今公開しているのは
入場料500円を払って段ボール1箱か、大きなビニール袋いっぱいの本を持帰れる
「只本館」だけだ。お盆を前に、貨車の看板の塗り替えをしている。

 只見町の長浜地区には、都会から移り済んだ人の家やセカンドハウスが55軒ある。
今年も1軒建築中で今完成直前の作業中。今日はたもかくで作ったキッチンが取り付
けられる予定。

 第3セクターが経営している「深沢温泉ホテル湯ら里」の近くの国道に面した森を
本と森の交換に使うことにした。今まで交換した森にくらべて、国道から近い分だけ
案内もしやすく、目立ちそうだ。ここは1度、杉を植えてかなり育っていたのに、20
年ほど手入れされないでいるうちにすっかり、雑木林に戻ってしまった。

フォトショップの調子が悪く、写真をupできないのが残念。。

posted by LJ21 at 15:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

福島県只見町 たもかく 吉津耕一(第1日目)

福島県の只見町で都会の人達の田舎暮しの受け入れと、
本と森の交換による世界一の本の街づくりに取り組んでいる
「たもかく」の吉津です。

 今日は、まもなく完成する「叶津番所別館」の工事進行の確認。
叶津番所は会津と越後を結ぶ八十里街道の関所だった南会津最大の民家で
福島県の重要文化財になっていますが、たもかく株式会社のクラブハウス
にもなっています。今年、その隣に古い民家そっくりの建物を新築で作っ
ています。初めて見る人は誰も新築とは気づかない、なかなかのできばえ
です。

 南会津はまだ盆暮れ勘定の習慣が残っているので、お盆前に完成させて、
引き渡し、支払いも済ませる計画でしたが、遅れていて、電気屋さん、左
官屋さん、設備屋さん、など工事業者ががみな集まって戦場のような状態
です。

 本と森の交換による本の街のほうは、今年は遠くからのお客さんが減っ
て、代わりにアマゾンに出品している本が毎日たくさん売れています。

 今日も暑い日になるかなと思っていたら、急に雨が降り、そしてもう青
空が広がっています。只見は1日の温度の差が大きく、朝晩は涼しく、日
中は30度以上になります。野菜の生育にはいいけど、人間にはけっこう
きびしい感じです。

posted by LJ21 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

福島県 「かわうち元氣村」 久保田稔 7日目

おはようございます
私の慣れない文章に一週間お付き合い有難うございました。
また、いろいろ情報を頂いた皆さん有難うございました。
朝靄の中、父の日おめでとうコールで目を覚ましました。
カッコウ・ルリ・鶯などの鳥の声や蛙の声・川のせせらぎ・さわやかな風は精神安定の為の最高の処方箋です。



,

天然記念物に指定されている平伏沼のモリアオガエルの卵塊です。金曜日の雨にも関わらず沼は湿っている程度の水しかありません。この卵塊の下に発泡スチロールの箱を置いて監視員の方が見守っていてくれます。山から帰る途中いきなり車の前にリスが跳び出して来て危うく轢く所でした。


さて、川内村といえば「蛙の詩人」草野心平先生です。
第40回目の天山祭りが7月16日開催しますが天山文庫の命名は「中央とみちのくを結ぶ」願いがこめてつけられたものです。経緯はホームページに詳しく載っております。昭和28年に先生をお招きされた長福寺の住職さんや資材と労力を持ち寄って天山文庫を作り上げた川内の先輩方には敬意と感謝の気持ちが湧いてきま写真は天山文庫で村役場からの提供です)


最後に「かわうち元氣村」と「阿武隈ロマンチック街道推進協議会」では、交流人口の拡大・定住者の応援などの理念がありますが、もう一歩踏み出せない皆さんローカルジャンクションのサイトで本物の食材などを味わってください。そして評価してください。
さらに良いものを一緒になって作る事が都市と農山漁村の交流につながります。
地域興しはそこに住む夫々の立場の方が、お互いを尊重し人の意見に耳を傾け自分の意見を主張し合いながら活性化が進むと思います。
是非、皆さん福島県川内村やこの阿武隈の地においで下さい。そしてその時はお金を持って来て買い物も忘れないで下さい。これから私は、隣から貰ったさやエンゲンの味噌汁で遅い朝食です。有難うございました。


posted by LJ21 at 07:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

福島県 「かわうち元氣村」 久保田稔 6日目

おはようございます
これから、平伏沼のモリアオガエルを見てきます。
あす報告します。
さて、ここ数年「炭の効用」が評価され脱臭効果・吸湿力・土壌改良など
いち早く取り組み地域おこしの先駆者として「阿武隈ロマンチック街道推進協議会」会長の吉田敏八のホームページを訪ねてください。
炭を焼くという事は、山仕事をする人・炭を加工する人・販売する人さらにデザイナーと雇用の創出による経済効果だけでなく自然環境の保全に大きな役割を果たしています。
炭の中でも特に評価の高い竹炭を主製品として商品開発をされ炭の利用例として
1.米びつや炊飯器に入れる(さらに美味しいご飯)
2.水道水に入れることで飲み水が美味しくなり風呂に入れることで保温効果
3.冷蔵庫や野菜と一緒に入れておくなどがこの地域での利用方法です。



阿武隈の地域興しに頼もしい援軍のギャロップというバイク愛好会の方々です。
阿武隈の地で自転車レースの可能性の可能性を検証してくれたり、見やすい道路標識の提案など初めて走る人に親切な道路が出来ると思います。


ギャロプXの写真は村役場から提供です


posted by LJ21 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

福島県 かわうち元氣村 久保田稔 5日目

お早うございます
朝田さんと浦嶋さん「自民党初体験!」お疲れ様でした。
お二人が参加された「都市と農山漁村・・・調査会」はいわき市と双葉郡から選出の坂本剛二代議士が副会長を務められておられます。代議士は筋金入りの蕎麦好きで蕎麦と自然薯の薀蓄には長けています。5年後にはローカルジャンクションさん一押しの自然薯が川内から送れますから。(今土造りから始めました)
また、「廃校等の既存ストック・・・」は川内村では三つあった小学校が統合し新校舎が出来たので廃校が三つ発生しました。昨年までは取り壊しの予定でしたが、村長が正月休みを利用して1200通のメールを専門学校などに送った結果、利用を希望する学校が数校名乗りを上げられそのうちの一校と現在教育特区の申請が出されております。
全国に先駆けた成功例として発信できると思います。
写真は再利用が決まった現在の旧川内第二小学校です


さて、私達「かわうち元氣村」の中心的団体「農楽塾」を紹介します。
塾長秋元美誉さんは「農楽塾」のホームページを訪問していただけると雰囲気のあるご夫婦の写真がでています。
アイガモ農法や都会からの体験農業などをいち早く取り入れた先駆者です。
奥さんの作られる数々の漬物は三越や高島屋で並ぶ高級漬物にけして劣る事はありません。
かわうち元氣村で商品開発を勧めたいと思います。


posted by LJ21 at 08:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

福島県 かわうち元氣村 久保田稔 4日目

こんにちは
写真は山開きの様子を福島民友新聞(高橋さん)からお借りしました。
今日の天気は典型的な梅雨空です。
梅雨空のような文章を書かなくてはなりません。
かわうち元氣村とあぶくまロマンチック街道推進協議会では「田舎暮らし」を推奨しております
「水と空気の綺麗な・・・」素晴らしい言葉は田舎にたくさんあります。
一方、暮らしにくい現実も又あります。
子育てをされる方でしたら病院や学校の問題
道路事情・近所付き合い・就労の問題・通信環境
しかし、一番田舎でわずらわしさを感じるのは「地元意識」かもしれません



昨日の議会で欠員になっていた教育委員の補充が提案されましたが村内出身者ではないとの理由で否決されました。
確かに地元には長年にわたって代々喜怒哀楽を分かち合って来た共通認識はあるのでしょうがそれもまた過疎化の一要因ではないでしょうか?
私がUターンしてきたとき交際費のかかるのにはびっくりしました。結婚式・お葬式・入院・入学・などなど。
田舎暮らしの体験ツアーでは経験者がこのような不安に相談にのり田舎暮らしに一歩踏み出そうとしている方にその決断を応援します。

しかし、そんな事があっても田舎は余りある楽しさがあります。
ゴミの違法投棄があっても「ゴミはなくなるものではないから片付ければ良いよ」と息子を諭す「おバーちゃん」や幼児が熱いお茶を急須からお茶碗についてこぼしたりすると「余りこぼれたから吉相がいい」と解釈する「おじいちゃん」
野球やサッカーをやりたいと思えば照明つきのグランドもあります。
ジョギングしたければ目一杯に飛び込んでくる緑の山々を見ながらの「風景浴」
スローフード・スローライフの中に田舎にはこんなノンビリした一面もあります。
ただ、この環境を守るには適度な人の手入れが必要です。
明治神宮の森も表参道の並木も上京したときの安らげる場所ですが「あぶくま」の穏やかな山並みとは比べる対象になりえません。

posted by LJ21 at 08:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

福島県 「かわうち元氣村」 久保田稔 3日目

こんにちは。
昨日は川内村の6月定例会が9時から開かれたので傍聴してきました。
井出茂議員の質問ご紹介します。環境分野で初めてノーベル平和賞を受賞されたケニアのワンガリー・マータイさんの言葉を引用し「自然は人間が無くも存在するが人間は自然無くは存在できない」を引用し環境保護の訴えがありました。川内村の森林面積は40万人強の方々の酸素供給量だそうです。 「環境対策に関する施策を5〜10年にかかわるような計画としてまとめるべきでとくに広大な森林をもつ本村として経済効果などへ波及効果も考えるべきだとの意見でした」
 福島県は来年度からの森林環境税の導入を予定していて河川の水質や森林の保全につながる重要な財源だと理解してください。



又、福島県では先のマータイさんの提唱する「もったいない運動」を新たに県民運動の一つとして展開します。県商工会連合や市民団体の活動を支援し実践を通じて「もったいない」の精神を全国に発信しようとする、福島県の取り組みに目を向けてください。


posted by LJ21 at 09:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

福島県 「かわうち元氣村」 久保田稔 2日目

こんにちは
昨日は、日曜日の川内高原山開きにいけなかったので早速車で行ってきました。
掲載は祭りの後の高塚山です。
今年は例年にない花付きでドウダンと山ツツジの花花花で「山蜂」は大喜びでしょう。
山蜂の蜜はこの地域では産前産後や病後のお見舞いなどに使われていました。
ローカルジャンクション21では蜂蜜に対する造詣理解が深く、私達も伝承の飼育方法だけではなく、しっかりした知識を得て皆さんにおすそ分けできればと考えております。
いろいろな地域や花の蜂蜜を食べ比べて見ましたが手前勝手ながら川内の蜂蜜は一番だと自負しております。


地域興しの為に都市との交流を盛んに進めておりますが、田舎暮らしを考えられる人の参考に川内村の行政の姿勢を紹介します。
村役場に入ると「クレームはラッキーコール」と張り紙があります。どういう意味なのか村長に尋ねました。
「クレームはラッキーコール」は私の経営理念のサブタイトルになっている言葉です。クレームで一番多いのが職員の住民に対する接し方です。クレームを言ってこられるのは全体の2〜3割の人です。
あとの人は黙って我慢するか、二度とその職員に頼まなくなります。このこと
が一番恐ろしいのです。
クレーム処理は積極的に関わることによって職員のスキルアップに繋がります。


福島県も地元の町村長を講師に勉強会をしてます。
一回目の講師に川内の村長が呼ばれたので、「県職員の講師になるなんて村長すごいですね」と言ったら地元の声を吸い上げようとしている県の対応が素晴らしいとの話をしてました。
いま、福島県や川内などあぶくまの市町村は住民の声に耳を傾ける姿勢が着実に大きくなっています。
田舎暮らしを目指される方是非あぶくまの地に一度足を運んでください。

posted by LJ21 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

福島県 「かわうち元氣村」 久保田稔 1日目

皆さん初めまして。 私は福島県双葉郡川内村に住む久保田稔と申します。
昭和27年生まれの53歳で婦人ブラウスの製造を生業としております。
遅ればせながら地域おこしの「かわうち元氣村」の発足に参加し今までと違った風景が見られるようななりました。
掲載のチャンスを頂いた朝田さんや浦嶋さんとローカルジャンクション21をご紹介頂いた佐川旭さんに感謝いたします。
今日は五時半に目が覚めると最初に大ルリの鳴き声が耳に入り周りの景色は緑一色の田園風景ですがあやめの黄色と白っぽいアジサイの花が咲き電線にはスズメが50羽位の群れでかたまっていました。


川内村は昨日の日曜日、村の三大イベントである高塚山の「どうだんまつり」が開かれ人口3300人の村に参加者3000人弱のお見えになられました。私は同時に開催したかわうち元氣村のきのこ講習会に参加しました。講習会はNHK文化センター講師の奈良先生をお迎えして、森の案内人を養成したいとこれから毎月一回くらい合計5回開催します。
数年前まで山に入ると空き缶や煙草の吸殻などのゴミが多くダンプカー一台くらいのゴミは簡単に集まったのですが、「どうだんまつり」の参加者やきのこの講習を受けた方達の影響か最近はゴミの量も大分減ってきました。



土曜日に阿武隈の地域おこしの一環であぶくまロマンチック街道構想推進協議会が開かれ田舎暮らしの体験ツァーを募集する事になりました。
小鳥のさえずりに耳を傾け季節の木々や草花の息吹を肌に感じ自分流の生活環境を作り地域に溶け込んで30年生活された方から最近越されて来た方々まで田舎暮らしの不安に相談にのります。
文章を書いた事のない私の説明より、一度阿武隈に関するホームページを開いていただいて里山や日本の原風景の素晴らしさを感じてください。
今日から一週間阿武隈をお伝えしますので是非お付き合い下さい。

posted by LJ21 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。